トランプ氏が停止表明のWHO拠出金、中国と同程度に減額し実施へ…米報道

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=蒔田一彦】米FOXニュースは15日、新型コロナウイルスを巡る対応が「中国寄り」だとして、トランプ大統領が停止を表明していた世界保健機関(WHO)への資金拠出について、米政府が中国と同額で実施する方針を固めたと報じた。これにより、米国のWHOへの年間拠出額は、これまでの10分の1程度になる見通しだという。

 FOXニュースは、米政府からWHOのテドロス・アダノム事務局長に宛てた書簡の草案を入手したとしている。草案には「欠点はあるものの、WHOが大きな可能性を秘めていると信じている。米国は引き続きWHOと連携し、協力する」と記されていた。またWHOに対し、ウイルスの発生源などについて「完全に独立した評価」を行うよう求めているという。

 2018~19年の米国のWHOへの拠出金は約8億9300万ドル(約955億円)で、WHO予算の約16%を占める。

無断転載禁止
1223669 0 国際 2020/05/16 18:25:00 2020/05/17 00:32:32 2020/05/17 00:32:32

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
お食事処ご利用2,000円以上で5%割引
NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ