読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

トランプ氏が停止表明のWHO拠出金、中国と同程度に減額し実施へ…米報道

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=蒔田一彦】米FOXニュースは15日、新型コロナウイルスを巡る対応が「中国寄り」だとして、トランプ大統領が停止を表明していた世界保健機関(WHO)への資金拠出について、米政府が中国と同額で実施する方針を固めたと報じた。これにより、米国のWHOへの年間拠出額は、これまでの10分の1程度になる見通しだという。

 FOXニュースは、米政府からWHOのテドロス・アダノム事務局長に宛てた書簡の草案を入手したとしている。草案には「欠点はあるものの、WHOが大きな可能性を秘めていると信じている。米国は引き続きWHOと連携し、協力する」と記されていた。またWHOに対し、ウイルスの発生源などについて「完全に独立した評価」を行うよう求めているという。

 2018~19年の米国のWHOへの拠出金は約8億9300万ドル(約955億円)で、WHO予算の約16%を占める。

無断転載・複製を禁じます
1223669 0 国際 2020/05/16 18:25:00 2020/05/17 00:32:32 2020/05/17 00:32:32

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)