米、台湾のWHO総会参加見送り「中国からの圧力」と非難

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=横堀裕也】米国のポンペオ国務長官は18日、台湾の世界保健機関(WHO)年次総会参加が見送られたことについて、声明で「テドロス・アダノム事務局長は台湾の参加を認める法的権限と前例があったにもかかわらず、中国からの圧力で見送った」と主張し、WHOと中国を非難した。

 ポンペオ氏は「世界が人命をかけてパンデミックに立ち向かう中、政治的な駆け引きは控えるべきだ」と強調した。また、「ウイルスの起源などに関する極めて重要な情報を伏せ続けている」と述べ、改めて中国の対応を批判した。

無断転載・複製を禁じます
1227647 0 国際 2020/05/19 00:16:00 2020/05/19 00:16:00 2020/05/19 00:16:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ