WHOはより公正に、さもなければ…トランプ氏「もう加わらない」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=海谷道隆】米国のトランプ大統領は19日、ホワイトハウスで記者団に、世界保健機関(WHO)に関し「WHOは(中国以外の)米国を含む国々に対し、より公正にならないといけない。さもなければ我々はもう加わらない」と述べた。トランプ氏がWHOへの書簡で求めた中国との関係見直しが果たされなければ、脱退する意向を明確にした。

 18日に公開された書簡では、30日以内に中国との関係が改善されなければ「米国の加盟を再考する」としていた。

 トランプ氏は記者団に「WHOは行いを改め、もっと良い仕事をしなければならない」と語った。改善されていないと判断すれば「WHOに加わらず、独自のやり方で行う」と説明した。脱退した場合は、公衆衛生分野でWHOを介さない国際協力の枠組み構築を目指す考えとみられる。

 ただ、トランプ氏は、WHOが具体的に改善すべき内容については「書簡はとても詳細だ」と述べ、詳しい説明をしなかった。書簡には「WHOの中国からの独立」などといった言葉はあるが、個別具体的な改善項目は明記されておらず、WHOの対応がいっそう困難になるのは必至だ。

無断転載禁止
1230128 0 国際 2020/05/20 10:43:00 2020/05/20 13:54:50 2020/05/20 13:54:50

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
お食事処ご利用2,000円以上で5%割引
NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ