英製薬大手がワクチンを9月から供給へ…今夏、米で3万人規模の試験実施

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ロンドン=池田晋一】英製薬大手アストラゼネカは21日、英オックスフォード大と開発した新型コロナウイルスのワクチンを9月から供給すると発表した。

 アストラゼネカは2020~21年にかけて、10億回分のワクチン生産が可能になったとした。米生物医学先端研究開発局(BARDA)は同社に対し、最大12億ドル(約1300億円)の助成金を支給する方針で、初回に供給される4億回分のうち、3億回分が米国に送られる予定だという。

 アストラゼネカは21日の声明で、英南部の健康な1000人を対象に試験中だとし、「試験を加速し、生産能力を拡大する決意だ」と述べた。効果が確認できれば、複数国で試験を実施するとしている。今夏には米国で3万人規模を対象に薬効を試す。

無断転載・複製を禁じます
1234118 0 国際 2020/05/22 11:13:00 2020/05/22 12:30:22 2020/05/22 12:30:22

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ