武漢の研究所から拡散説、所長「ウイルス研究したことない」「完全に捏造」と主張

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【北京=比嘉清太】中国科学院武漢ウイルス研究所の王延軼所長は、新型コロナウイルスが研究所から外部に拡散したとの見方について、「完全に捏造ねつぞうだ」と否定した。研究所で新型ウイルスを扱ったのは昨年12月30日が初めてだとも主張した。中国国営の中国中央テレビの海外放送を手がける「CGTN」(電子版)が24日、王氏のインタビューを伝えた。

 王氏は、既に武漢市内で患者が出ていた昨年12月30日にサンプルの検査を始め、「未知のコロナウイルスを発見した」と語った。それ以前は「新型ウイルスを扱ったことは全くなく、研究したことも保存したこともない。我々も皆と同じようにウイルスの存在を知らなかった」とも主張した。

 感染が広がって以降、王氏がメディアを通じて発言するのは初めてとみられる。研究所から拡散したとの見方について、ポンペオ米国務長官が「多くの証拠がある」と語り、米政府が調査に乗り出している。

無断転載・複製を禁じます
1238221 0 国際 2020/05/24 18:38:00 2020/05/25 07:44:21 2020/05/25 07:44:21

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ