WHO事務局長「日本は成功している」…対策を評価

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ジュネーブ=杉野謙太郎】世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム事務局長は25日、スイス・ジュネーブで記者会見し、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言を全面解除した日本について、「(感染拡大の抑止に)成功している」と評価した。

 テドロス氏は、「(WHOの集計では)ピーク時の1日あたりの感染者数は700人を超えていたが、今は40人程度に抑えられ、死者数も最小限に抑止されている」と指摘した。

 一方で、緊急事態宣言の解除で対策がおろそかになってはいけないとも指摘し、「検査や接触者の追跡、感染者の隔離や、適切な治療を続けるべきだ」と述べた。感染抑止のため、適切な社会的距離を取ることの有効性も強調した。

無断転載・複製を禁じます
1241362 0 国際 2020/05/26 10:55:00 2020/05/26 10:55:00 2020/05/26 10:55:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ