非武装地帯での銃撃、北朝鮮・韓国とも休戦協定に違反…国連軍司令部

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ソウル=岡部雄二郎】北朝鮮軍が今月3日に非武装地帯(DMZ)の韓国側施設を銃撃し、韓国軍が警告射撃を行った問題で、国連軍司令部は26日、南北双方とも休戦協定に違反したとの調査結果を発表した。

 調査結果によると、北朝鮮軍は韓国軍の監視所に4発の銃撃を加えた。調査過程で北朝鮮側の協力を得られなかったことから、銃撃が故意によるものか、誤射などのミスだったかは判断できなかった、としている。

スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
1242152 0 国際 2020/05/26 20:00:00 2020/05/26 20:00:00 2020/05/26 20:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)