制限緩めたら感染広がる、ソウル市など6月14日まで外出自粛要請

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ソウル=建石剛】韓国政府は28日、新型コロナウイルスの感染が再び広まっていることを受けて、ソウル市など首都圏に限り、6月14日まで外出自粛要請や一部屋内施設の運営中止などの措置を取ると発表した。28日には1日の感染者数が79人となり、制限の目安となる50人を超えた。

 韓国は感染を抑え込めているとして、今月6日に屋内施設の運営制限などを緩めたが、ソウル市のナイトクラブで今月上旬に集団感染が発生した。ナイトクラブの客だったソウル近郊の仁川インチョン市の塾講師の男性から教え子らに感染し、感染者が出入りしたカラオケ店やビュッフェ形式のパーティーなどでも広がった。

 また、ソウル近郊の物流倉庫では、これまでに82人の集団感染が新たに発生している。

 政府は全国的な制限緩和は維持するとしたものの、「1~2週間が山場」として、首都圏で防疫を強化する。博物館や美術館などの公共施設は休館となり、カラオケ店や塾、インターネットカフェなどにも営業自粛を求めた。

無断転載・複製を禁じます
1246757 0 国際 2020/05/28 19:19:00 2020/05/29 01:03:02 2020/05/29 01:03:02 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/05/20200529-OYT1I50009-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ