WHOと有志37か国、新型コロナ治療薬の知見共有の仕組み…日米など参加せず

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ジュネーブ=杉野謙太郎】世界保健機関(WHO)は29日、新型コロナウイルスへのワクチンや治療薬についての知見の共有や技術移転を促す仕組みを、有志37か国と発足させたと発表した。ワクチンが開発された際に一部の企業や国に独占させず、発展途上国にも速やかに普及させる狙いだ。日米などの主要国は参加しておらず、実効性には課題が残るとみられる。

 仕組みは、「COVID―19・テクノロジー・アクセス・プール」と名付けられた。各国が製薬会社の開発を支援する際、データ公開や安価での販売を条件とすることを求めたほか、開発に成功した企業や国に他者への製造許可も要請した。

 コスタリカが提案し、途上国を中心にブラジルやインドネシア、ノルウェーなどが賛同した。WHOのテドロス・アダノム事務局長は「新型コロナウイルスを防ぎ、治療できる手立ては、国際的な公共財として誰もが利用できなければならない」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
1250301 0 国際 2020/05/30 19:33:00 2020/05/30 20:48:31 2020/05/30 20:48:31

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ