トランプ氏「略奪が始まれば銃撃も始まる」、ツイート物議

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 米中西部ミネソタ州ミネアポリスで黒人男性が警察の拘束下で死亡した事件で、現地では商店襲撃や警察署への放火など、デモの一部が暴動に発展している。トランプ大統領は29日、ツイッターでデモ参加者を「悪党」と呼び、「略奪が始まれば、銃撃も始まる」と書き込んだ。

 この言葉は1960年代、フロリダ州マイアミの人種差別的傾向の強い警察官が、黒人にどのような姿勢で臨むかと問われた際に答えた言葉として知られる。黒人差別の撤廃を唱えた公民権運動の指導者らが強く非難した言葉でもある。

 このため、米メディアは「トランプ氏がミネアポリスの抗議デモの参加者らが銃撃される可能性を示唆した」(ニューヨーク・タイムズ紙)と報じた。

 ツイッター社は投稿が暴力を賛美しているとし、ルールに沿って自動的に投稿を表示しない措置を取った。公共性は認められるとして、「表示」をクリックすれば閲覧は可能だ。

無断転載禁止
1251621 0 国際 2020/05/31 18:33:00 2020/05/31 18:33:00 2020/05/31 18:33:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ