「WHOに代わりはない」、米の脱退表明に国連総長ら再考求める

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ジュネーブ=杉野謙太郎】米国のトランプ大統領が世界保健機関(WHO)から脱退の意向を表明したことについて、欧州連合(EU)の執行機関・欧州委員会のウルズラ・フォンデアライエン委員長らは5月30日、「米国に再考を強く求める」との声明を発表した。新型コロナウイルスへの対応で、WHOが引き続き国際的な対応を主導する必要があり、「全員の参加と支持が必要だ」と訴えた。

 7月からEU理事会の議長国を務めるドイツのイェンス・シュパーン保健相は「国際的な保健への打撃だ」とツイッターにつづった。一方で、「WHOには改革が必要だ」と指摘し、「EUは経済的な関与を深め、中心的な役割を果たさなければならない」と強調した。

 トランプ氏は、5月18~19日に開かれたWHOの年次総会に合わせ、テドロス・アダノムWHO事務局長宛ての書簡を公表し、中国との関係見直しを要求した。ただ総会では、国連のアントニオ・グテレス事務総長が「WHOに代わりはない」フランスのマクロン大統領も「新型コロナウイルスとの闘いには力強いWHOが必要だ」と語るなど、多くの首脳らがWHOの必要性を認める発言をした。

無断転載・複製を禁じます
1251798 0 国際 2020/05/31 21:21:00 2020/06/01 01:38:05 2020/06/01 01:38:05

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ