トランプ氏、イランの米退役軍人解放に謝意「取引は可能だった」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=横堀裕也】米国のトランプ大統領は4日、2018年からイランで拘束されていた米国の退役軍人マイケル・ホワイト氏が解放されたと、ツイッターで明らかにした。米CNNテレビなどによると、米側も対イラン制裁に違反したとして自宅軟禁下にあった米イラン二重国籍の医師を釈放しており、囚人の交換が行われたとみられる。

 報道によると、ホワイト氏は18年7月、交際相手とされる女性を訪ねてイランを旅行中、イラン当局に拘束された。最高指導者アリ・ハメネイ師を侮辱したなどとして、13年の禁錮刑を言い渡され、服役していた。

 トランプ氏はホワイト氏の解放を受け、ツイッターへの投稿でイラン側への謝意を示しつつ、「イランとの取引が可能だということが示された!」と書き込んだ。ただ、核開発などを巡る米イランの対立は根深く、両国間の緊張緩和につながるかどうかは不透明だ。

無断転載・複製を禁じます
1260779 0 国際 2020/06/05 11:08:00 2020/06/05 11:41:03 2020/06/05 11:41:03

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ