台湾・高雄市長のリコール成立…対中融和路線の野党・国民党に打撃

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【高雄=杉山祐之】台湾南部・高雄市で6日、今年1月の総統選に最大野党・国民党から出馬して敗れた韓国瑜ハングオユー市長(62)の解職請求(リコール)の是非を問う投票が行われ、即日開票の結果、韓氏の解職が決まった。対中融和路線をとる国民党にとって大きな打撃となる。

 高雄市選管によると、解職賛成は93万9090票、反対は2万5051票で過半数を大きく上回った。投票率は、42・14%だった。

 韓氏は2018年11月の市長選で庶民派として人気を博し、国民党の党勢拡大に貢献した。しかし、市長就任の直後に総統選出馬を決め、投票前3か月は市長職の休暇を取得した。落選後に職務に復帰したが、市民団体が「無責任で信用できない」として約40万人の署名を集め、解職請求した。

 台湾で県や市の首長解職が決まるのは初めて。近く解職が正式決定し、その後3か月以内に市長選が行われる。

無断転載・複製を禁じます
1262800 0 国際 2020/06/06 18:23:00 2020/06/06 21:29:28 2020/06/06 21:29:28

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ