モスクワの5月コロナ死者数、WHO基準で5260人…ロシア政府基準の2・8倍

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【モスクワ=田村雄】モスクワ市保健当局は10日、5月の新型コロナウイルスによる死者数について、世界保健機関(WHO)の国際基準に基づけば5260人だったと発表した。露政府はモスクワ市の死者数を1895人としてきたが、国際基準だと約2・8倍となった。

「県民割」拡大、国交相「感染状況を見極めて判断」

 露政府はこれまで、ウイルスが死亡の「根本的な原因」と診断された場合だけをウイルスの死者として発表してきた。一方、国際基準では感染後の持病悪化による関連死なども含めている。モスクワ市の4月の死者数も国際基準で再集計し、636人から1561人に増えていた。

 露政府は5月27日、国際基準に基づいて死者を集計するよう全国に指示した。露政府は6月11日に全国の死者数を6532人と発表したが、国際基準が反映されているかどうかは不明だ。今後、反映されて死者数が増える可能性もある。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
1272538 0 国際 2020/06/11 23:26:00 2020/06/11 23:26:00 2020/06/11 23:26:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)