モスクワの5月コロナ死者数、WHO基準で5260人…ロシア政府基準の2・8倍

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【モスクワ=田村雄】モスクワ市保健当局は10日、5月の新型コロナウイルスによる死者数について、世界保健機関(WHO)の国際基準に基づけば5260人だったと発表した。露政府はモスクワ市の死者数を1895人としてきたが、国際基準だと約2・8倍となった。

 露政府はこれまで、ウイルスが死亡の「根本的な原因」と診断された場合だけをウイルスの死者として発表してきた。一方、国際基準では感染後の持病悪化による関連死なども含めている。モスクワ市の4月の死者数も国際基準で再集計し、636人から1561人に増えていた。

 露政府は5月27日、国際基準に基づいて死者を集計するよう全国に指示した。露政府は6月11日に全国の死者数を6532人と発表したが、国際基準が反映されているかどうかは不明だ。今後、反映されて死者数が増える可能性もある。

無断転載・複製を禁じます
1272538 0 国際 2020/06/11 23:26:00 2020/06/11 23:26:00 2020/06/11 23:26:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ