北、核弾頭30~40発保有…研究所推計

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ロンドン=広瀬誠】スウェーデンのストックホルム国際平和研究所(SIPRI)は15日、世界の核軍備に関する報告書を発表した。今年1月時点の世界の保有弾頭数の推計は、前年より465発減って1万3400発となった。

 核弾頭の保有国は、米露仏中英にインド、パキスタン、イスラエル、北朝鮮を加えた9か国で、核弾頭の約9割は米露が占めている。最多のロシアは前年比125発減の6375発、米国は385発減の5800発と、両国とも減少したが、報告書は兵器の近代化を指摘している。中国は30発増の320発、北朝鮮は前年の20~30発から30~40発となった。

 米露は核軍縮の枠組みとして新戦略兵器削減条約(新START)を結んでいるが、来年2月で終了する。米国は中国も交えた3か国による新しい枠組みを提案しているが、中国は交渉参加を拒否している。報告書は「米露が核兵器の透明性を高めるための手段を失えば、新たな核軍備競争につながりかねない」と警鐘を鳴らした。

無断転載禁止
1279392 0 国際 2020/06/15 23:32:00 2020/06/15 23:32:00 2020/06/15 23:32:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ