読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

北、非武装化地帯に軍進出も…南北国防相合意を破棄か

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ソウル=岡部雄二郎】北朝鮮の朝鮮人民軍総参謀部は16日、韓国の脱北者団体が金正恩キムジョンウン朝鮮労働党委員長を批判するビラを大型風船でまいたことへの対抗措置として、「軍事的行動計画を作成し、党の承認を受けることになる」と発表した。北朝鮮国営の朝鮮中央通信が16日朝、報じた。

 行動計画の具体案として、「北南(南北)合意によって非武装化された地帯に軍が再び進出し、前線を要塞化する」ことなどを検討中だとしている。韓国の専門家の間では、2018年9月の南北国防相合意の破棄を指すとの見方がある。

 国防相合意では、朝鮮戦争の休戦協定に基づく非武装地帯よりも広い範囲で、砲撃訓練などの敵対行為を控えるとしている。破棄されれば、非武装地帯周辺での北朝鮮の軍事挑発が活発化する恐れがある。

 南北経済協力のために整備された北朝鮮南西部の開城ケソン工業団地や、南東部・金剛山クムガンサンの観光関連施設に軍を駐屯させるとの分析もある。

 正恩氏の妹の与正ヨジョン氏は今月4日と13日の談話で、開城工業団地の撤去や国防相合意破棄の可能性に触れ、具体策を軍に委ねると表明していた。今回の軍の発表はこれを受けた措置とみられる。

無断転載・複製を禁じます
1281098 0 国際 2020/06/16 15:35:00 2020/06/16 15:35:00 2020/06/16 15:35:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)