NY市民の抗体保有21・6%、州全体では13・4%

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=村山誠】米ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事は16日、新型コロナウイルスへの感染歴を調べる抗体検査の最新結果を発表した。検査対象とした州住民1万2000人のうち、抗体を持っていた人は州全体で13・4%、ニューヨーク市内に限ると21・6%だった。

 医療や輸送などに関わるエッセンシャル・ワーカー(必須労働者)らを中心に行った前回調査では、州全体で12・3%、ニューヨーク市内は19・9%だった。

 今回の検査は、5月1日~6月13日に行われた。人種別では、黒人(20・8%)とヒスパニック系(30・4%)が、白人(6・1%)とアジア系(13・2%)に比べ抗体保有の割合が高かった。ニューヨーク市内の地区別の結果は、中心部のマンハッタン地区が16・5%だったのに対し、低所得者層が多く住む市北部ブロンクス地区が32・6%で、貧困層やマイノリティーを感染が直撃した実態が改めて浮き彫りとなった。

 ニューヨーク州の感染者は16日時点で約38万5000人に上っているが、今回の結果を実際の州人口約1950万人に当てはめると、約260万人がすでに感染している計算となる。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1283511 0 国際 2020/06/17 18:14:00 2020/06/18 02:59:50 2020/06/18 02:59:50

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)