プーチン大統領、5選出馬に初めて言及…改憲なら36年まで続投も

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【モスクワ=工藤武人】タス通信によると、ロシアのプーチン大統領は21日放映の国営テレビのインタビューで、2024年の次期大統領選について、36年までの大統領続投に道を開く憲法改正が実現すれば「出馬する可能性を排除しない」と述べた。プーチン氏が通算5選出馬の可能性に言及したのは初めてだ。

 大統領の連続3選を禁じた現行憲法下でプーチン氏は24年で退任を迫られるが、7月1日に全国投票が予定される改憲案には、現職と大統領経験者の通算任期数をゼロにする条文が盛り込まれている。

無断転載・複製を禁じます
1291528 0 国際 2020/06/21 22:46:00 2020/06/21 23:19:51 2020/06/21 23:19:51

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ