中国、豪の有力州議会議員に工作か…情報機関と警察が関係先捜索

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ジャカルタ=一言剛之】オーストラリアのスパイ対策を担当する情報機関と警察当局は26日、南東部ニューサウスウェールズ州議会の有力議員の自宅や関係先を一斉捜索した。地元メディアは、議員が中国政府による工作を受けていた疑いがあると報じた。

 捜索を受けたのは野党労働党のシャオケット・モーセルメイン議員で、4月まで州議会上院副議長を務めていた。地元メディアによると、新型コロナウイルスを巡る中国の対応を称賛するなど、中国寄りの発言を繰り返したことが問題視され、副議長職の辞任につながったという。

 スコット・モリソン豪首相は26日の記者会見で、外国勢力の政治工作について「脅威は現実のものとなっている」と述べた。豪州では2017年にも、親中派の国会議員が中国人実業家から多額の献金を受けていたことが表面化している。

無断転載・複製を禁じます
1303715 0 国際 2020/06/26 17:38:00 2020/06/26 17:44:59 2020/06/26 17:44:59

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ