インドが中国製アプリ禁止、「利用者情報を不正送信」…「微博」や「TikTok」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 インド政府は6月29日、インドの主権や安全を脅かしているとして、中国企業などが提供する59のアプリを禁止すると発表した。中印両軍が15日に国境が未画定のカシミール地方で衝突したことを受けた対抗措置の可能性がある。

 中国版ツイッター・微博ウェイボーや動画共有アプリ「TikTok(ティックトック)」、SNSの微信(ウィーチャット)などが禁止される。一部のアプリはインド国内で億単位の利用者がいる。

 政府は「利用者情報が国外のサーバーに不正送信されているとの報告がある」としている。情報技術の専門家によると、アプリをダウンロードできないようグーグルなどに対応を要求するとみられる。(ニューデリー支局 小峰翔)

スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
1311993 0 国際 2020/06/30 23:18:00 2020/06/30 23:51:37 2020/06/30 23:51:37

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)