インドが中国製アプリ禁止、「利用者情報を不正送信」…「微博」や「TikTok」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 インド政府は6月29日、インドの主権や安全を脅かしているとして、中国企業などが提供する59のアプリを禁止すると発表した。中印両軍が15日に国境が未画定のカシミール地方で衝突したことを受けた対抗措置の可能性がある。

 中国版ツイッター・微博ウェイボーや動画共有アプリ「TikTok(ティックトック)」、SNSの微信(ウィーチャット)などが禁止される。一部のアプリはインド国内で億単位の利用者がいる。

 政府は「利用者情報が国外のサーバーに不正送信されているとの報告がある」としている。情報技術の専門家によると、アプリをダウンロードできないようグーグルなどに対応を要求するとみられる。(ニューデリー支局 小峰翔)

無断転載禁止
1311993 0 国際 2020/06/30 23:18:00 2020/06/30 23:51:37 2020/06/30 23:51:37

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

東京都知事選2020特集ページ
一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ