香港の自治破壊・権威主義にのみ込まれる…米国務長官が非難

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=蒔田一彦】米国のポンペオ国務長官は6月30日、国家安全維持法が施行されたことについて、「香港の自治を破壊する」と非難する声明を発表した。香港の「一国二制度」が損なわれたとし、香港に適用してきた優遇措置の撤廃を進める方針を改めて示した。

 ポンペオ氏は国家安全維持法が、英国から中国への返還後の香港が「高度な自治」を持つとした1984年の中英共同宣言や、香港の憲法にあたる基本法に反すると指摘した。その上で、「中国共産党は香港の人々に自由な50年間を約束したが、23年間しか与えなかった」と、中国を批判した。

 さらに、「米国は香港が権威主義にのみ込まれるのを何もせずに傍観することはない」とし、香港の言論・集会の自由、法の支配への中国政府による攻撃に対処する姿勢を強調した。

 ロイター通信によると、米国家安全保障会議(NSC)の報道官も30日、国家安全維持法の成立を非難し、「即時撤回」を中国政府に求めるコメントを出した。

無断転載・複製を禁じます
1312788 0 国際 2020/07/01 10:55:00 2020/07/01 12:26:05 2020/07/01 12:26:05

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ