「一国二制度傷つける」日英など27か国、再検討求める声明

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

6月30日、ジュネーブで、国連人権理事会にオンラインで参加し、発言する香港の林鄭月娥行政長官(AFP時事)
6月30日、ジュネーブで、国連人権理事会にオンラインで参加し、発言する香港の林鄭月娥行政長官(AFP時事)

 【ジュネーブ=杉野謙太郎】日本や英仏独、カナダ、豪州など27か国は6月30日、スイス・ジュネーブで開かれた国連人権理事会の会合で、中国と香港に対し、香港での反体制活動を取り締まる国家安全維持法の再検討を求める声明を出した。

 香港の旧宗主国である英国の代表は演説で、「香港の人々の人権に明らかな影響がある国家安全維持法に深い懸念を表明する」と述べ、「香港の人々や議会、司法の直接の参加がないままにこの法を制定することは『一国二制度』を傷つける」と指摘した。

無断転載禁止
1313200 0 国際 2020/07/01 14:03:00 2020/07/01 14:03:00 2020/07/01 14:03:00 Hong Kong's chief executive Carrie Lam is seen on a giant screen remotely addressing the opening of the UN Human Rights Council's 44th session on June 30, 2020 in Geneva. - Hong Kong's chief executive defended China's sweeping national security law for the city before the United Nations, urging the international community to "respect our country's right to safeguard national security." (Photo by Fabrice COFFRINI / AFP) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200701-OYT1I50038-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ