「モナ・リザ」は一方通行で…ルーブル美術館、約110日ぶり再開

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

6日に再開したパリのルーブル美術館で、「モナリザ」を見ようと並ぶ人々(ロイター)
6日に再開したパリのルーブル美術館で、「モナリザ」を見ようと並ぶ人々(ロイター)

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で閉鎖していたパリのルーブル美術館が6日、約110日ぶりに再開した。

 美術館によると、感染防止策として、混雑を防ぐために原則、入場券の事前購入が必要だ。11歳以上の来館者にはマスクの着用を義務づける。混雑していない場合に限り、窓口での入場券販売も行う。レオナルド・ダ・ビンチの「モナ・リザ」などは一方通行で見学することが求められている。(パリ支局 山田真也)

無断転載・複製を禁じます
1324670 0 国際 2020/07/06 21:45:00 2020/07/06 22:14:33 2020/07/06 22:14:33 Visitors, wearing protective face masks, queue to see the painting ”Mona Lisa” (La Joconde) by Leonardo Da Vinci at the Louvre museum in Paris as the museum reopens its doors to the public after almost 4-month closure due to the coronavirus disease (COVID-19) outbreak in France, July 6, 2020. REUTERS/Charles Platiau https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200706-OYT1I50058-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ