「自由の制限を比較的抑制、拡大防ぐ見事な成果」…駐日独大使が評価

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 イナ・レーペル駐日ドイツ大使は8日、東京都内の日本記者クラブで記者会見し、日本の新型コロナウイルス感染対策について、「自由の制限を比較的抑制しながら、拡大を防ぐ見事な成果を出した」と評価し、感染拡大の「第2波」に備えて日本の取り組みが参考になるとの考えを示した。

 レーペル氏はまた、「日独は、技術先進国として発明家精神を発揮すべきだ」と述べ、部品の供給網のデジタル管理などの分野で両国が協力関係を強化していくことに期待を示した。(国際部 鳥塚新)

無断転載・複製を禁じます
1329590 0 国際 2020/07/08 20:48:00 2020/07/08 22:17:52 2020/07/08 22:17:52

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ