朴前大統領に懲役20年判決…ソウル高裁差し戻し審

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ソウル=建石剛】友人女性が関係する財団への出資を大企業に強要したなどとして、収賄や職権乱用などの罪に問われた韓国前大統領の朴槿恵パククネ被告(68)の差し戻し審で、ソウル高裁は10日、懲役20年、罰金180億ウォン(約16億円)、追徴金35億ウォン(約3億円)(求刑・懲役35年)の判決を言い渡した。朴被告は出席しなかった。

 大法院(最高裁)は昨年、収賄などの事件で懲役25年、情報機関・国家情報院による秘密資金提供事件で懲役5年の2審判決をそれぞれ破棄して差し戻していた。差し戻し審は一括で審理し、強要事件などを一部無罪と判断して大きく減刑した。

 朴被告は長年の友人の崔順実チェスンシル受刑者(64)(収賄罪などで実刑確定)と共謀し、崔受刑者の財団に大企業から出資させたほか、最大財閥・サムスングループから間接的に賄賂を受け取った罪などに問われていた。

無断転載・複製を禁じます
1333770 0 国際 2020/07/10 15:13:00 2020/07/10 20:21:19 2020/07/10 20:21:19

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ