トランプ大統領、収監直前の側近を権限で刑免除…ロシア疑惑関連

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=蒔田一彦】米国のトランプ大統領は10日、2016年米大統領選を巡るロシア疑惑に関し、禁錮3年4月の実刑判決を受けた側近のロジャー・ストーン被告(67)について、大統領権限で刑を免除した。ホワイトハウスが発表した。

 ストーン被告は14日に収監される予定だった。ホワイトハウスは声明で、ストーン被告について「左派やメディアによるでっち上げの被害者だ」とし、不正な逮捕や裁判で「既に大きな損害を被った」と主張した。ストーン被告の健康上の問題も免除理由に挙げた。

 ストーン被告はロシア疑惑を巡り、米議会で虚偽の説明をしたとして偽証などの罪に問われ、今年2月に実刑判決を受けた。疑惑自体を否定するトランプ氏は判決への不満を繰り返し表明し、ストーン被告に救済措置を取ることを示唆していた。

 米憲法は、連邦法上の犯罪について刑の一部または全部を軽減する権限を大統領に認めている。ただ、自身の疑惑に関して有罪となった側近に適用したことについては、野党・民主党から「権力の乱用だ」などと批判が出ている。

無断転載・複製を禁じます
1335714 0 国際 2020/07/11 17:58:00 2020/07/11 17:58:00 2020/07/11 17:58:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ