読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

米海軍、南シナ海で「航行の自由作戦」…中国への圧力強化を継続

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=蒔田一彦】米海軍第7艦隊の報道担当者は14日、読売新聞の取材に対し、ミサイル駆逐艦「ラルフ・ジョンソン」が中国やベトナムなどが領有権を主張する南シナ海のスプラトリー(南沙)諸島周辺で、「航行の自由作戦」を実施したことを明らかにした。

 ポンペオ米国務長官は13日、中国によるほぼ全域にわたる海洋権益主張について「完全に不法だ」とする声明を発表した。米国は即座の作戦実施により、中国への圧力強化を継続する決意を示す狙いとみられる。

 米誌「ザ・ディプロマット」(電子版)によると、作戦実施は5月28日以来で、ラルフ・ジョンソンは、中国が軍事拠点化しているファイアリー・クロス礁とクアテロン礁の12カイリ内を航行した。第7艦隊の報道担当者は「不法で見境ない海洋権益主張は航行・上空飛行の自由、自由な貿易、沿岸国の経済的機会の自由に深刻な脅威となる」と述べた。

 南シナ海で中国が挑発行動を活発化させる中、米軍も艦艇や航空機を頻繁に派遣し、警戒を強めている。今月上旬には、空母2隻が参加する軍事演習を6年ぶりに南シナ海で実施した。

 米政府は、2016年7月に仲裁裁判所(オランダ・ハーグ)が、中国の主権主張に法的根拠がないとする判決を出した際、「南シナ海の紛争の平和的解決を支持する」(国務省報道官)との声明を出し、対話による解決を促した。しかし、中国による一方的支配の動きは止まらず、ペンス副大統領は18年11月、「南シナ海はいかなる一国にも属さない」と述べるなど、批判のトーンを強めてきた。

 デビッド・スティルウェル国務次官補(東アジア・太平洋担当)は14日、米政策研究機関のイベントで、「(南シナ海の権益争いに関して)我々は中立だとはもう言わない」と強調した。南シナ海問題を巡って対中制裁に踏み切る可能性についても、「検討から外していない」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
1342935 0 国際 2020/07/15 12:05:00 2020/07/15 13:50:24 2020/07/15 13:50:24 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200715-OYT1I50041-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)