読売新聞オンライン

メニュー

ノーベル賞、授賞式後の晩さん会中止「1千人以上集まるのは不合理」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 今年のノーベル賞について、ノーベル財団は21日、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、12月10日にストックホルムで授賞式後に開催される恒例の晩さん会を中止すると発表した。「限られた空間に1000人以上が集まるイベントを今年開催するのは不合理だ」としている。

 授賞式や晩さん会は例年、平和賞がオスロ、それ以外がストックホルムで開かれている。同財団によると、今年の授賞式は例年通り行うが、社会的距離を確保し、受賞者が参加できない事態も考慮するという。各賞の発表は10月5~12日に行う。

無断転載・複製を禁じます
1358533 0 国際 2020/07/22 10:47:00 2020/07/22 10:47:00 2020/07/22 10:47:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)