読売新聞オンライン

メニュー

「EU離脱」国民投票へのロシア介入疑惑、英議会が調査要求

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ロンドン=緒方賢一】英議会の情報安全保障委員会は21日、ロシアの情報工作に関する報告書を公表した。英国が欧州連合(EU)離脱を決めた2016年の国民投票に向けたロシアの介入疑惑について、情報機関に調査するよう求めた。

 報告書は、米国では16年の大統領選後、ロシアの介入について調査が行われた一方、英国では国民投票へのロシアの介入について調査に取り組まなかったと英政府を批判した。ロシアは、英北部スコットランドで14年に行われた独立を巡る住民投票にも影響を与えようとしたという。

 また、ロシアから英国への資金流入に関連し、報告書はプーチン政権と密接につながるロシアのエリートが英国の慈善活動や政治組織に寄付を行っていると指摘。英国の複数の上院議員がロシアとビジネスを通じつながっているとして、詳細な調査の実施を提起した。

無断転載・複製を禁じます
1358726 0 国際 2020/07/22 11:39:00 2020/07/22 11:39:00 2020/07/22 11:39:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)