米、ワクチンを国民に無料投与へ…ファイザーと最大6億回分確保で合意

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=船越翔】米保健福祉省は22日、米製薬大手ファイザーと独製薬企業ビオンテックが開発する新型コロナウイルスのワクチンについて、最大6億回分の供給を受けることでファイザーと合意したと発表した。ワクチンは無料で米国民に投与するという。

 米政府はワクチンの年内の実用化を目指しており、トランプ大統領は22日の記者会見で「記録的な時間でワクチンを供給するための重要なステップだ」とした。

 発表によると、米政府は効果や安全性が確認されれば19億5000万ドル(約2100億円)で1億回分を注文し、必要に応じて追加で5億回分の供給を受ける。

 米食品医薬品局(FDA)は、ファイザーとビオンテックのワクチンを早期承認に向けた優先審査の対象に選んでおり、両社は今月中にも最大3万人を対象とした大規模な臨床試験を始める意向を示している。

無断転載・複製を禁じます
1361594 0 国際 2020/07/23 18:39:00 2020/07/23 22:54:05 2020/07/23 22:54:05

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ