ゴーン被告の息子も逃亡協力者に送金、ビットコインで5300万円

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=村山誠】日産自動車前会長カルロス・ゴーン被告(会社法違反などで起訴)が保釈中に逃亡した事件で、逃亡を手助けしたとして米国内で逮捕された米国籍の親子2人に、ゴーン被告の息子が計約50万ドル(約5300万円)を暗号資産(仮想通貨)で送金していたことが、米司法当局が22日に連邦裁判所に提出した裁判資料で明らかになった。

 2人は、米陸軍特殊部隊「グリーンベレー」元隊員のマイケル・テイラー(59)と、その息子のピーター・テイラー(27)の両容疑者で、日本への身柄引き渡しの可否が裁判所で審理されている。

 裁判資料によると、逃亡実行後の今年1~5月、ゴーン被告の息子のアンソニー・ゴーン氏が、ピーター容疑者宛てに暗号資産「ビットコイン」を使って複数回送金していた。

 両容疑者には、逃亡実行2か月前の昨年10月にも、ゴーン被告自身から計約86万ドル(約9200万円)が送金されており、少なくとも計約136万ドル(約1億4500万円)が支払われたことになる。

無断転載・複製を禁じます
1362693 0 国際 2020/07/24 09:27:00 2020/07/24 21:13:59 2020/07/24 21:13:59

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ