読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

米国務長官、中国は「普通の国として扱うことはできない」…「関与政策」転換を強調

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ポンペオ米国務長官(ロイター)
ポンペオ米国務長官(ロイター)

 【ワシントン=横堀裕也】米国のポンペオ国務長官は23日、西部カリフォルニア州で中国政策について演説し、「我々が追求してきた関与政策は中国国内の変革をもたらさなかった」と述べた。中国を国際社会に組み込む長年の「関与政策」からの転換を図る姿勢を強調したもので、対中包囲網の形成を民主主義諸国に呼びかけた。

 演説はロサンゼルス近郊のニクソン大統領図書館・博物館で行われた。ポンペオ氏は1972年のニクソン元大統領訪中に言及し、「中国が自由と民主主義に向けて進化するとした歴代米指導者の理論は結局、正しかったのだろうか」と疑問を呈した。米国の対中政策はニクソン政権以来、経済や対話を通じた関与の強化で民主化や国際協調を促す考えに基づいていた。

 ポンペオ氏は、米国が閉鎖を命じた南部テキサス州ヒューストンの中国総領事館を引き合いに、中国が知的財産の窃取を繰り返してきたとし、「中国共産党への見方を変える必要がある。普通の国として扱うことはできない」と語った。

 さらに、「民主主義諸国家による新たな同盟を構築すべき時だ」と述べ、中国の行動を変えさせるために北大西洋条約機構(NATO)や先進7か国(G7)などの協力を求めた。

 ポンペオ氏は中国の習近平シージンピン国家主席を名指しして「全体主義イデオロギーの信奉者だ」と批判し、「中国の共産主義に基づく覇権への野望を長年、抱き続けている」と語った。トランプ大統領は習氏への直接的な批判を控えてきたが、ポンペオ氏は個人攻撃も辞さずに対中強硬姿勢を鮮明にした。

◆ポンペオ氏の演説のポイント

 ▽我々が追求してきた関与政策は中国国内の変革をもたらさなかった。

 ▽歴代米政権は中国が自由と民主主義を享受すると信じてきたが、誤りだった。 ▽中国共産党の見方を変える必要がある。普通の国として扱うことはできない。 ▽民主主義国家による新たな同盟を構築すべき時だ。

 ▽習近平シージンピン中国国家主席は全体主義イデオロギーの信奉者だ。

演説の要旨はこちら

無断転載・複製を禁じます
1363352 0 国際 2020/07/24 20:34:00 2020/07/24 23:19:22 2020/07/24 23:19:22 Secretary of State Mike Pompeo speaks at the Richard Nixon Presidential Library, Thursday, July 23, 2020, in Yorba Linda, California. Ashley Landis/Pool via REUTERS https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200724-OYT1I50044-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)