フロリダ州の感染者41万4000人、NY州抜き全米2番目…1日で1万人超増加

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=船越翔】米ジョンズ・ホプキンス大の25日までの集計によると、米フロリダ州の新型コロナウイルスの累計感染者数が約41万4000人に達した。ニューヨーク州の約40万7700人を抜き、州別で2番目となった。1日に1万人超のペースで感染者が増えており、病床不足による医療崩壊の恐れも懸念されている。

国内のコロナ新規感染3万1457人…東京の1週間平均は10%減

 フロリダ州では6月中旬から感染者が急増し、今月12日には1日あたりの新規感染者数が1万5000人を超えた。米CBSテレビによると、州内では50以上の病院で集中治療室(ICU)の病床が満杯になっているという。

 今月21日には、西海岸のカリフォルニア州がニューヨーク州の感染者数を上回り、現在は州別で最多の約45万2300人に達している。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
1367907 0 国際 2020/07/27 11:18:00 2020/07/27 15:24:55 2020/07/27 15:24:55

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)