中国軍の新型爆撃機、南シナ海で軍事訓練…トランプ政権に反発か

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【北京=中川孝之】中国国防省の報道官は30日、中国軍が南シナ海で最近、新型の轟(H)6爆撃機による軍事訓練を行ったと発表した。詳しい実施海域は不明だが、昼夜に海上の攻撃目標を打撃する訓練だったという。年度計画に沿った訓練としているが、米トランプ政権が南シナ海での対中圧力を強めていることに反発し、急きょ実施した可能性もある。中国メディアは、南シナ海の北端に位置する中国・海南島の近くで、今月25日から中国軍が実弾演習を行うと伝えていた。

無断転載・複製を禁じます
1375940 0 国際 2020/07/30 20:51:00 2020/07/30 22:42:29 2020/07/30 22:42:29

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ