新型コロナで死亡の遺体、墓地や病院から強奪相次ぐ…インドネシア

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ジャカルタ=一言剛之】インドネシアで、新型コロナウイルスの感染症で死亡した患者の遺族らが、墓地や病院から遺体を強引に取り返そうとする事例が相次いでいる。政府は感染防止策として遺体をラップでくるみ、ひつぎに入れて埋葬するよう指示しているが、ひつぎを使う慣習のないイスラム教徒が反発しているためだ。

 大手紙コンパスによると、カリマンタン島パランカラヤの共同墓地で7月21日、遺体をひつぎに納めて埋葬しようとした職員4人が興奮した親族らに襲われ、警察官が出動する騒ぎになった。遺族らが遺体を掘り返したり、搬送車を取り囲んで遺体を奪ったりする事例も報告されている。イスラム教徒の間では、遺体を布で包み、そのまま土葬するのが一般的だからだ。

 続発するトラブルを受け、イスラム教の指導者は政府の対応を支持する声明を発表し、ジョコ・ウィドド大統領は「遺体を強奪するようなことがあってはならない」と訴えた。警察当局は、埋葬に従わない人は逮捕する可能性もあると警告している。

無断転載・複製を禁じます
1380342 0 国際 2020/08/01 18:23:00 2020/08/02 11:41:34 2020/08/02 11:41:34

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ