ベイルート爆発、ゴーン被告の家も被害…妻「私たちは無事」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【リオデジャネイロ=淵上隆悠】ブラジル紙エスタード・デ・サンパウロ(電子版)は4日、レバノンの首都ベイルートの港で4日に起きた爆発で、会社法違反(特別背任)などで起訴され、昨年12月に日本から逃亡した日産自動車前会長カルロス・ゴーン被告の家も被害に遭ったと伝えた。妻のキャロル・ナハス容疑者(偽証容疑で逮捕状)が同紙に明らかにした。

 キャロル容疑者は、「私たちは無事だが、家が壊れた。ベイルート中が壊れてしまった」と語った。被告夫婦が生活するこの家は、港から約5キロの場所にあるという。

 ゴーン被告は、レバノン、フランス、ブラジルの国籍を持っている。

無断転載・複製を禁じます
1388490 0 国際 2020/08/05 10:07:00 2020/08/05 13:43:05 2020/08/05 13:43:05

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ