読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

パリの屋外混雑エリア、マスク義務づけ…違反者には罰金

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

8日、パリのエッフェル塔近くで、マスクをつけて歩く人々(AP)
8日、パリのエッフェル塔近くで、マスクをつけて歩く人々(AP)

 【パリ=山田真也】パリ警視庁は8日、新型コロナウイルスの感染が再拡大していることを踏まえ、屋外であっても混雑する一部エリアで、10日からマスクの着用を義務づけると発表した。セーヌ川沿いの遊歩道や屋外の市場、通行人が多い通りなどが対象となる。

 違反者には135ユーロ(約1万7000円)の罰金が科される。パリを含むイル・ド・フランス地域圏では7月中旬以降、毎日約400人の新規感染が確認されており、当局は危機感を強めている。フランスではすでに、公共交通機関や、商店など屋内でのマスク着用が義務づけられている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1398794 0 国際 2020/08/09 20:01:00 2020/08/09 20:23:52 2020/08/09 20:23:52 People wearing masks to prevent the spread of COVID-19 walk at Trocadero plaza near Eiffel Tower in Paris, Saturday, Aug 8, 2020. The French health agency said yesterday indicators show an increasingly active circulation of the virus, ''especially among young adults,'' and appealed for respect of safety measures ''and good sense.''(AP Photo/Michel Euler) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200809-OYT1I50041-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)