米厚生長官、台湾総統と会談…断交後で最高ランクの閣僚

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【台北=杉山祐之】米国の閣僚として6年ぶりに台湾を訪れたアレックス・アザール厚生長官は10日、台北市の台湾総統府で蔡英文ツァイインウェン総統と会談し、新型コロナウイルス対策をはじめとした各分野で協力を強化することで一致した。

 アザール氏は、1979年の米台断交以来、台湾を訪問した米閣僚の中で最高ランクであり、米台接近を内外に強く印象づけた。

 会談でアザール氏は、「トランプ大統領の台湾に対する強力な支持と友情を伝えたい」と述べ、台湾との協調を重視するトランプ政権の姿勢を明確にした。台湾に圧力を強める中国をけん制する狙いがある。

 さらに、アザール氏は台湾の新型コロナウイルス対策を評価し、台湾の透明性や民主主義が成功の背景にあると強調した。

残り:550文字/全文:878文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1399770 0 国際 2020/08/10 11:47:00 2020/08/10 21:45:42 2020/08/10 21:45:42

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ