米政権「香港製品は中国製」…来月下旬から表示義務、追加関税も適用の方向

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=山内竜介】トランプ米政権は11日、香港で製造された輸入品を9月下旬以降は「中国製」と表示するよう義務づけると発表した。今後、中国製品に課している追加関税が香港製にも適用される方向だ。

 トランプ大統領は7月、香港に適用してきた貿易や査証(ビザ)などでの優遇措置を撤廃する大統領令に署名していた。

 香港政府は、香港製品の米市場向け輸出は総輸出量の0・1%で、優遇がなくなっても「(影響は)比較的小さい」としている。

 米メディアによると、米中両国は15日に閣僚級の貿易協議を実施する予定だ。2月に発効した「第1段階」合意の実行状況を議論する見通しだが、香港問題もテーマとなる可能性がある。

スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
1403187 0 国際 2020/08/12 05:00:00 2020/08/12 09:05:25 2020/08/12 09:05:25

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)