読売新聞オンライン

メニュー

米政府、コロナワクチン1億回分の供給受ける契約…モデルナ社と1600億円で

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=船越翔】米政府は11日、米バイオ企業モデルナが開発中の新型コロナウイルスのワクチンについて、規制当局の承認を前提に、1億回分の供給を受ける契約を結んだと発表した。ワクチン確保の状況に応じて、追加で4億回分を購入する権利も得たという。

 トランプ大統領はホワイトハウスでの記者会見で、「我々は最も先進的なワクチン開発の計画を進めている。米国民にワクチンをすぐに届ける準備が整ってきている」と語った。

 モデルナは現在、約3万人が参加して効果や安全性を確認する最終段階の臨床試験を実施している。米政府は1億回分の費用として約15億ドル(約1600億円)を支払う方針だ。

 米政府は、2021年初めまでに約3億回分のワクチンを確保することを目指し、米製薬大手のジョンソン・エンド・ジョンソンやファイザーなどとも供給の契約を結んでいる。

無断転載・複製を禁じます
1405189 0 国際 2020/08/12 19:43:00 2020/08/13 18:26:08 2020/08/13 18:26:08

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)