孔子学院は「中国の宣伝機関」米政府が管理を強化

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=蒔田一彦】米国務省は13日、中国政府が出資して各国の大学などに開設する「孔子学院」の米国内の本部組織について、中国政府の宣伝活動を担う機関とみなし、大使館などと同様、雇用状況や所有資産などの報告を義務付けると発表した。カリキュラムや指導内容についても報告を求めるという。運営実態の透明性を高め、管理を強化する狙いだ。

 対象となるのは、ワシントンにある「孔子学院米国センター」。国務省によると、孔子学院は米国内に75か所あり、そのうち65か所が大学内に設置されている。国務省は今回の措置について、「センターや各孔子学院の閉鎖を求めるものではない」としている。

 ポンペオ国務長官は13日の声明で、孔子学院について「中国共産党の世界的なプロパガンダ機関の一部だ」と主張した。今回の措置により、「米国の教育機関は、中国共産党の支援する教育課程の継続を認めるかどうか、認めるならどのような形にするか、情報を得た上で選択できる」と説明した。

 デビッド・スティルウェル国務次官補(東アジア・太平洋担当)は13日の記者会見で、「我々は米国における中国語や中国文化の学習は支援するが、透明でなければならない」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
1410150 0 国際 2020/08/14 14:44:00 2020/08/14 15:02:30 2020/08/14 15:02:30

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ