南アの感染「ピーク越えた」、たばこ販売解禁へ…経済の再開加速

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ヨハネスブルク=深沢亮爾】南アフリカのシリル・ラマポーザ大統領は15日のテレビ演説で、国内で新型コロナウイルスの感染が「ピークを越えた」とし、たばこの販売を18日に解禁すると発表した。たばこは1本を複数人で吸うことで感染拡大につながるとして、3月から販売を禁止していた。

 16日時点の累計感染者は58万7345人で世界5番目の高水準だが、ピーク時の7月には1万4000人近い日もあった1日ごとの感染者数は、今月は4000人を切ることも増えた。政府は、国内移動の制限や、再導入していた酒類の販売禁止措置も撤廃し、経済の再開を加速させる。国境の封鎖は続ける。

 たばこ販売禁止措置により、市中に大量の密輸たばこが出回り、国民からは「実効性に乏しく、犯罪組織を潤すだけの『現代の禁酒法』だ」との批判が相次いでいた。

無断転載・複製を禁じます
1415094 0 国際 2020/08/17 14:03:00 2020/08/17 14:35:06 2020/08/17 14:35:06

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ