読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

対面授業開始でクラスター続出…米大学、1週間でオンラインに方針転換

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=橋本潤也】米ノースカロライナ州のノースカロライナ大学チャペルヒル校は17日、新型コロナウイルスのクラスター(感染集団)が学内で複数発生したとして、19日から学部生の全授業をオンライン形式に変更すると発表した。10日に対面式で新学期が始まったばかりだが、1週間で方針転換を迫られた。

 大学によると、約3万人の学生のうち、検査で陽性反応が出たのは17日現在で177人に上る。感染者との濃厚接触が疑われる349人が自主隔離となった。大学は対面授業にあたり、学内でのマスク着用を義務づけ、学生寮は定員の60%未満、教室は定員の30%未満に人数を限るなどの対策を取ったが、クラスターが、学生寮など少なくとも5か所で発生したという。

 米国ではオンライン授業に対する学生の不満が広がり、学費返還を求める動きもある。一方、各地で学生がマスクを着けずパーティーを開く様子もメディアに報じられ、感染防止が不徹底だとの指摘もある。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1417596 0 国際 2020/08/18 14:46:00 2020/08/18 15:22:06 2020/08/18 15:22:06

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)