韓国でコロナ再拡大、ソウルの教会信者の感染契機…首都圏の防疫レベル引き上げ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ソウル=建石剛】韓国で新型コロナウイルスの感染者が再び急増し、19日は297人の感染が新たに確認された。韓国では2月中旬の宗教団体の集団感染をきっかけに感染者が急増したが、その後は減少し、最近の新規感染者数は数十人にとどまっていた。

 再拡大の契機になったのは、ソウル市のキリスト教系「サラン第1教会」の信者の集団感染だ。12日に感染確認後、カフェやコールセンターなど114か所で二次感染が起きる事態に発展した。15日には、文在寅ムンジェイン政権を批判する5万人規模の集会に教会の信者が多数参加しており、さらなる拡大も懸念されている。

 政府は19日、首都圏の防疫レベルを3段階中の2番目に引き上げ、室内50人以上の集会などを禁止した。最高レベルへの引き上げの可能性も高まっている。丁世均チョンセギュン首相は18日の声明で、「全国的な大流行の可能性まで憂慮される」とし、防疫の徹底を呼び掛けた。

 韓国政府は19日、中国の外交トップ楊潔チ(よう・けつち)共産党政治局員が21日に釜山を訪問し、22日に徐薫ソフン国家安保室長と会談すると発表した。会談場所として釜山を希望したのは中国側で、中国側が、感染の広がるソウルを敬遠したとみられる。

無断転載・複製を禁じます
1420328 0 国際 2020/08/19 19:44:00 2020/08/20 01:06:46 2020/08/20 01:06:46

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ