中国の国有製薬大手、年末にもワクチン発売…2回分を1万5000円以下で

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【上海=南部さやか】中国紙・光明日報(電子版)などによると、国有製薬大手「中国医薬集団」(シノファーム)は18日、開発中の新型コロナウイルスのワクチンについて、2回分を1000元(約1万5000円)以下で販売する方針を明らかにした。年末にも発売の見込みだという。

 シノファームは、アラブ首長国連邦(UAE)などで最終段階の臨床試験を進めている。シノファームの董事長(会長)は中国メディアの取材に対し、抗体ができる確率は「2回の接種で100%に達する」とした。シノファームは今年、年間2億回分超を生産できる工場を建設した。

無断転載・複製を禁じます
1420364 0 国際 2020/08/19 20:21:00 2020/08/19 20:30:54 2020/08/19 20:30:54

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ