対イラン国連制裁の復活へ、トランプ氏が手続き開始指示

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=横堀裕也、ニューヨーク=村山誠】米国のトランプ大統領は19日の記者会見で、イランに対する国連制裁の復活に向けた手続きの開始をポンペオ国務長官に指示したと表明した。

 これを受け、米国務省は19日、声明を発表し、ポンペオ氏が20~21日にニューヨークを訪れ、手続き開始を国連安全保障理事会に通告することを明らかにした。声明は、対イラン国連制裁が通告から30日後に復活し、武器禁輸も延長されるとしている。

 2015年のイラン核合意などによると、制裁復活の手続きは核合意参加国からの問題提起で始まる。中国やロシアは「核合意離脱を表明した米国に手続き開始の権利はない」と主張しており、安保理で議論が紛糾するのは必至だ。

無断転載・複製を禁じます
1421356 0 国際 2020/08/20 07:32:00 2020/08/20 11:19:39 2020/08/20 11:19:39

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ