ベラルーシ国防省、首都に軍出動警告…大統領辞任巡り抗議デモ続く

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

22日、ミンスクの政府庁舎前で、抗議デモを監視する治安当局者ら(AP)
22日、ミンスクの政府庁舎前で、抗議デモを監視する治安当局者ら(AP)

 【モスクワ=田村雄】大統領選の結果に対する抗議行動が続くベラルーシで、辞任圧力に抵抗するアレクサンドル・ルカシェンコ大統領(65)と、大規模デモで対抗する反政権派との攻防が激しくなっている。ルカシェンコ氏はロシアや欧米が呼びかける反政権派との対話を拒否しており、対立は長期化の様相を見せ始めている。

 タス通信によると、ベラルーシ国防省は23日、首都ミンスクに軍を出動させる可能性を警告した。軍が鎮圧に加わる構えを見せ、抗議行動の勢いをそぐ狙いがある。

 それでも、複数の独立系ネットメディアによると、反政権派はこの日、ミンスクで10万人規模のデモ行進を展開した。参加者数は20万~30万人との情報もある。

 抗議行動は、9日の大統領選でルカシェンコ氏が80%の得票率で6選を決めたとの開票結果を受けて始まった。賛同するストライキも国営企業に広がった。

 強権統治で「欧州最後の独裁者」と呼ばれるルカシェンコ氏は19日以降、捜査当局や治安部隊を駆使して巻き返しに出ている。

 一方、ロイター通信などによると、米国のスティーブン・ビーガン国務副長官は24日、反政権派の統一候補として出馬したスベトラーナ・チハノフスカヤ氏(37)と会談するためリトアニアを訪問する。25日からはモスクワでプーチン露政権幹部とも協議する予定だ。

無断転載・複製を禁じます
1429062 0 国際 2020/08/24 00:11:00 2020/08/24 00:11:00 2020/08/24 00:11:00 Belarusian opposition supporters look at riot police officers standing guard during a protest rally in front of the government building at Independent Square in Minsk, Belarus, Saturday, Aug. 22, 2020. Demonstrators are taking to the streets of the Belarusian capital and other cities, keeping up their push for the resignation of the nation's authoritarian leader, President Alexander Lukashenko. (AP Photo/Dmitri Lovetsky) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200824-OYT1I50000-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ