ナイトクラブ摘発、拘束者の6割以上がコロナ陽性…ペルー

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【リオデジャネイロ=淵上隆悠】ペルーの首都リマで22日夜、新型コロナウイルス対策の営業禁止令に反して開店していたナイトクラブを警察が摘発し、逃げようとした客13人が将棋倒しなどになり、死亡した。

コロナ検査キット、不正申請が多発…家族人数の「自己申告」で余分に受け取る

 ペルー内務省の発表によると、クラブでは約120人がパーティーに参加していた。拘束した参加者ら23人のうち、15人がウイルス検査で陽性だったという。

 ペルーでは3月からクラブやバーの営業が禁じられている。米ジョンズ・ホプキンス大の集計によると、ペルーの感染者数は約58万5000人で、世界で6番目に多い。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
1430151 0 国際 2020/08/24 12:48:00 2020/08/24 13:13:23 2020/08/24 13:13:23

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)