世界初のワクチン「接種希望しない」52%…ロシア世論調査、安全性に懸念

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【モスクワ=工藤武人】タス通信によると、ロシアが今月11日に世界で初めて承認した新型コロナウイルスのワクチンに関し、露政府系世論調査機関が行った国内世論調査で、回答者の52%が「接種を希望しない」と答えたことが分かった。

国内のコロナ新規感染2万5761人…東京の1週間平均は15%減

 「全ロシア世論調査センター」のバレリー・フェドロフ事務局長が22日のフォーラムで、調査結果の一部を明らかにした。接種を「希望する」との回答は42%だった。調査は18歳以上の約1600人を対象に実施した。

 ロシアは、ワクチン臨床試験の最終段階が終わらない状態で承認に踏み切った。調査結果は、露国内でも国産ワクチンの安全性への懸念が強いことをうかがわせるものとなった。

 プーチン政権は、ロシアの前身ソ連が1957年に米国に先駆けて打ち上げた人類初の人工衛星の名前にちなみ、ワクチンを「スプートニクV」と命名し、国威発揚も狙っている。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
1430794 0 国際 2020/08/24 19:17:00 2020/08/24 23:23:59 2020/08/24 23:23:59

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)