読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

トランプ氏、安倍首相の辞任表明「本当に残念に思う」「つらい決断だっただろう」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=横堀裕也、ニューヨーク=村山誠】米国のトランプ大統領は28日、安倍首相が辞任を表明したことについて、「我々は素晴らしい関係にあり、辞任を本当に残念に思う」と述べ、遺憾の意を示した。大統領専用機内で記者団に語った。

 トランプ氏は首相と頻繁に会談し、個人的な関係も構築してきた。トランプ氏は、「彼は国を心から愛しており、志半ばでの辞任は想像できないほどにつらい決断だっただろう」といたわった。「首相は私の大の親友であり、素晴らしい男だ。最大の敬意を表する」とも語り、首相の決断を支持する意向を示した。

 米大統領選の民主党候補ジョー・バイデン前副大統領も28日、「辞任は悲しいことだが、日米の強力な同盟関係は脈々と続いていくと確信している」とツイッターに投稿した。

 各国首脳からも首相の外交手腕を評価する声が相次いだ。英国のジョンソン首相は28日、「日本の首相として、日本と世界のために偉大なことを成し遂げてきた」とツイッターで評価した。ドイツのメルケル首相は28日の記者会見で、「(安倍首相は)常に多国間主義のために尽力してきた」と称賛。カナダのトルドー首相も28日、ツイッターで「安倍首相はその見識や指導力、友情で、日本とカナダ両国の距離をさらに縮め、世界をより良くするために大変な貢献をした」と賛辞を送った。インドのナレンドラ・モディ首相は28日、「賢明なリーダーシップと献身により、日印協力はかつてないほど深く、強力になった」とツイッターで指摘した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1440593 0 国際 2020/08/29 10:58:00 2020/08/29 12:16:12 2020/08/29 12:16:12

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)